眼瞼下垂やまぶた成形は美容整形クリニックの治療で解決!

注射

ルーツで変わるまぶた

女性

自分が一重で二重の人に憧れたという経験を持つ女性の方も多いでしょう。二重の方が一重よりも優しく見えたり、また目が強調されるためメリハリのある顔の傾向があるという特徴があります。同じ日本人でも一重の人もいれば二重の人もいますが、実はこれには自分の先祖のルーツが大きく関係してきます。まず日本人は先祖として弥生人を持つ人と、縄文人を持つ人に大きく分けることが出来ます。弥生人は主に関東から北海道にかけて多く、縄文人は主に沖縄など南のち方に多いとされています。縄文人と弥生人は日本列島にたどり着くまでのルートが大きく異なり、弥生人は寒冷地方の北から、縄文人は温暖地方の南から来たとされています。元々人類はどちらかと言うと縄文人の系統を色濃く持っていたと言われていますが、この内寒冷地方を住処として選んだ縄文人も存在し、寒さに適応するために凍傷しにくいように皮下脂肪を薄くし、結露防止の為に体毛を薄くし、凍傷防止のために凹凸の少ない顔立ちになりました。まぶたも二重から一重に進化したわけで、この名残が今もまだ受け継がれているという事になります。
弥生人を先祖に持つ人は日本では約7割から8割存在するとされていて、実は二重まぶたを生まれ持って持つ人は少数派になります。ただし日本列島は縦に長く、南に行くに連れ縄文人を先祖に持つ方も多くなり、二重まぶたを持つ方も多くなります。面白い調査結果としては日本全体では二重は少数派になりますが、沖縄などの地方では一重が少数派になり、沖縄などでは一重から二重にしたいというニーズもあまり無かったりします。そのため二重のプチ整形を行なう美容整形クリニックの数も少ないですが、勿論全く無いわけではありません。ただし関東などのニーズが高い地域よりは圧倒的に少なく、沖縄で二重プチ整形をしたいと考えている方は美容整形クリニック選びに苦労するでしょう。実際にプチ整形を行なうという場合は何も美容整形クリニックだけしか選ぶことが出来ないのかというとそんなことはなく、沖縄の場合は整形外科などでも二重にすることが出来ます。