眼瞼下垂やまぶた成形は美容整形クリニックの治療で解決!

注射

まぶたの整形治療

まぶたが垂れ下がってきてしまう眼瞼下垂を治療するなら、安全な手術を行なってくれるクリニックを利用することが大切ですよ。

注射

まぶたが開きにくくなる症状として眼瞼下垂があります。その名の通りまぶたが下がってしまうことで目が開きにくくなってしまいます。当然力をいれないと見開くことが出来ず、重症になると力を入れても目が開かなくなってしまったり、大きく視野が塞がってしまったりします。当然ながら見えにくくなることもあり日常生活に支障をきたすということもあります。眼瞼下垂は生まれつきの場合もあれば後天性の場合もあり、徐々にまぶたが下がっていきます。そのため自覚症状もあり、ちょっとでもおかしいなと思った時はなるべく早めに美容整形クリニックなどで治療をして貰う必要があります。美容整形クリニックでは二重治療なども行っていてまぶたの成形を行なうことも出来ます。
眼瞼下垂の治療法としては埋没式と短縮法と前転法などの有名な方法があり、それぞれでメリットとデメリットがあります。埋没式は二重治療の時と同様に皮膚を切開しないという大きな特徴があります。傷跡も残らずダウンタイムは非常に短いです。また治療自体も20分程度で完了し、プチ整形のようにその日に直ぐに帰宅することも出来ます。ただし治療自体は高度なテクニックが必要で、担当する医師によって治療のレベルというのが異なります。治療を受けたクリニックで差がでてしまうこともあり、簡単だけどしっかりとクリニック選びをする必要があるといえるでしょう。
短縮法は挙筋腱膜自体を直接短縮してしまうという方法になります。治療技術としてはかなり古くからあり、安全性的には非常に高いです。ただし挙筋腱膜を短縮する時に筋肉自体を傷つけてしまうというリスクも有り、メリットとデメリットが等しくある治療法です。前転法は別の名を切開法とも言われ、ダウンタイムが長いというデメリットはあるものの、切開することで比較的簡単に治療することが出来ます。医師の技術で若干の治療リスクがあるものの、眼瞼下垂を原因レベルで治療をすることが出来る方法でもあります。

大阪の人気クリニック探し

注射

二重治療を大阪 で行なうという場合はまずは人気の美容外科クリニックを集めたサイトなどをチェックする必要があるでしょう。ピッタリの治療を行なうことが出来るクリニックであれば失敗リスクを下げることも出来ます。

ルーツで変わるまぶた

女性

二重と一重は先祖がどういった地域に住んでいたかで分かれ、一重の方は寒冷地法に住んでいた弥生人、二重の方は温暖地方に住んでいた縄文人を先祖に持っていると言われています。沖縄などは縄文人を先祖に持ち二重が多くいます。

埋没法の手軽さ

女性

二重治療を名古屋で行なうなら埋没法と切開法の2つの方法から選ぶと良いでしょう。選んだ治療方法によって美容整形クリニックのりよう方法なども異なってきますし、リスクなども大きく変わってきます。